須崎動物病院が提供するペット(犬・猫)用のサプリメントのネット販売専用ページです。皮膚病・カビ・口内ケア等の手助

HOME > 商品リスト > 須崎サプリ・オススメセット【猫用/リピーター向け】

須崎サプリ・オススメセット【猫用/リピーター向け】

須崎サプリ・オススメセット【猫用/リピーター向け】

13,920円/1セット(税込)

注文数

※この商品には[サプリメントの上手な使い方  解説DVD]が含まれません。

犬用はこちらから

【猫用/リピーター向け】須崎サプリ・オススメセット

セット内容
【スターターセット】
・マジカルパウダー100g(2,700円)
・フィッシュオイルEX30粒(1,728円)
・ミツバチ花粉50g(2,592円)
・栄養スープの素(1,400円)
・シリンジ2.5ml(31円)

【口内ケアセット】
・【猫用】乳酸菌パウダー50g(2,592円)
・消えミスト300ml(2,160円)
・歯周病対策エキス3ml(1,080円)
・マウスリセット30ml(3,024円)

多くのお客様のお声を頂き、スターターセット+【犬用】口内ケアセットの販売を始めました。
スターターセットは、初めての方や食べてくれるかご心配な方に…。
口内ケアセットは、口臭(口臭の原因は菌!!)が気になって…と口内ケア対策に!!
購入しやすいセット内容にいたしました。


当院には「●●病に良いサプリメント」という括りがございません。
なぜかと言うと、病気や身体に現れた症状は、「体内汚染が改善すべき状態です
という身体からのサインだと考えているからです。
ですから、どんな症状の子にも、体内汚染を減らすサポートをしてくれる

【スターターセット】+【口内ケアセット】をもっともお薦めしております。

【スターターセット】+【口内ケアセット】で、身体をスッキリさせて、
将来的には「多少の汚染ぐらいは自分で処理できる丈夫な身体」を目指しましょう!
体調不良になってから体内を整えるのはとても大変です。
元気なうちから身体スッキリ&健康維持をこころがけましょう。

備考

セットに含まれる消えミスト300mlご了承事項
消えミスト300mlは梱包などを最大限工夫しておりますが、
乱雑に扱われる・上下逆さまで輸送されるなどによって、
多少の液漏れが発生する可能性がある商品です。
お買い求めの際は、この点を予めご了承いただきますようお願いいたします。

中身がほとんど無くなるほどの運送事故は年に1〜2回発生いたします。
  中身が無くなる程の液漏れが発生した場合は商品をお受け取りいただかず、
  そのまま運送業者へご返却
ください。
  運送業者からの連絡受けた後、適切に対応させていただきます。

北海道・沖縄へお住まいの方へ
空輸にて運送されるため、気圧変化により液体商品の中身が多少漏れ出る場合がございます。
液体商品をお買い求めの際は、この点にご理解いただきますようお願いいたします。

基本の口内ケア!

(1) 歯ブラシで全体を磨きます。

シートでは歯間などに届かないため、柔らかい歯ブラシを使いましょう。
ゴシゴシと力を入れず、マッサージをするように優しく磨きます。

(2) コットンで口内のネバツキを拭う

乾いたコットンで口内のネバツキを拭います。ネバツキが残っているとバリアの役割をし
歯根部に除菌ツールが届きにくくなります。
口内が乾いている時は、コットンを消えミストで湿らせても良いでしょう。

(3) 除菌ツールを塗る

歯周病対策エキス、またはマウスリセットを皿等に適量出し、指で歯と歯茎の境目に塗ります。
口臭やネバツキなどのトラブルがある時は、贅沢に多めに使いましょう。
全体に塗り終わったら、10分以上放置します。
※放置中に歯ブラシで歯茎をマッサージするとより効果的です。

歯周病対策エキス(クマ笹エキス)維持量

体重(kg) 粒数
01〜15 1滴
16〜30 2滴
31〜50 3滴
51〜68 4滴
69〜90 5滴

マウスリセット維持量

小型犬・猫 1〜3滴
中型犬 3〜6滴
大型犬 5〜10滴

※あくまでも、維持量です。口内の状況によっては、上記量で「足りない」ケースもございます。
 様子を見ていただき、飼い主さんで適切に増減してあげてください。
 大量に摂取することで害が出るものではございません。

おすすめの使い方

月・水・金 歯周病対策エキス
火・木・土 マウスリセット
より変化を感じられた方

※除菌ツールはどちらか片方で上手くいく子もいますが、フィトンチッドとクマ笹で、得意な菌が違います。
 幅広く除菌するため交互に使うことをお勧めしています。特に「口臭・ネバツキ・お皿のヌルヌル」など
 症状がある時は、改善するまで両方を使ってください。

(4) 除菌ツールを水で流します。

10分以上放置した除菌ツールを、水で流します。 洗浄瓶・シリンジ等を使い、歯と頬の間に水を流し入れます。

※舌側に入れると、咽せることがあるので気をつけましょう。
※除菌ツールを飲み込んでも害はありません。
※水を入れるのが難しい場合は、放置時間を長く(30分程度)とってください。

(5) 乳酸菌パウダーを塗ります。

乳酸菌パウダーを適量(付属スプーン山盛り2〜3杯)、少量の水でクリーム状に溶き、
指で歯と歯茎の境目に塗ります。

口内ケアが初めて&お口の中が触れない子

(1) 「歯周病対策エキス」をシリンジに入れて、左右の犬歯あたりから少しずつ口内へ入れてください。 
(2) 少量の水で薄めた「乳酸菌パウダー」適量(付属スプーン山盛り2〜3杯)を
   シリンジに入れて犬歯のあたりから少しずつ入れてください。
(3) 一日に数回、「マウスリセット」や「消えミスト」をお口の中に入れてください。

口内ケアが初めて&お口の中が触れる子

(1) 「歯周病対策エキス」や「マウスリセット」をコットンパフに浸して、お口の中のネバネバを優しく拭います。
(2) 「乳酸菌パウダー」適量(付属スプーン山盛り2〜3杯)に少量のお水をたしたものを
   綿棒の先に付けて歯と歯茎の間に塗布します。
(3) 一日に数回、「マウスリセット」や「消えミスト」をお口の中に入れてください。

よくあるご質問 Q&A

Q1.クマ笹エキスとマウスリセット、どちらを使えば良いですか?

A1.両方のご使用をお勧めします。

Q2.乳酸菌パウダーと口内除菌、どちらか一方でも良いですか?

A2.経験上両方やった方が良いですが、一方しかできない場合は、
   口内除菌を優先してください。

Q3.クマ笹エキスと乳酸菌パウダーを混ぜて使ってもいいですか?

A3.口内除菌ツールと乳酸菌は、別々にご使用ください。

Q4.口内除菌をしてすぐに乳酸菌パウダーを入れたら乳酸菌に影響が出ますか?

A4.口内除菌後に2〜3分おいて洗浄をしてから与えた方が影響は少ないと思われますが、
   全滅するわけではないのでそれほどご心配する必要はありません。

Q5.歯のグラグラが治りません。

A5.グラグラの原因が歯根部(骨)にある場合は、ホームケアの範囲を超えています。
   歯科が得意な獣医師にご相談ください。

Q6.口臭が消えません。

A6.口内除菌がうまくいっていない可能性があります。乳酸菌パウダーの量を増やす、
   口内除菌の時間を長くとる、ケアの回数を増やすなどをお試しください。
   ※口内の菌が減った後は除菌ツールを水で薄めて使用できます。

Q7.朝は忙しいので夜しかできないのですがいいですか?

A7.何もやらないよりは、夜だけでもやった方が良いです。

出来る範囲で継続することが大事です。しかし、やっただけの結果は出るものですので、最初の2週間は、朝晩シッカリととお手入れをしてみて、口内環境の変化を楽しんでみてください。どうしても時間がない場合は、朝はごはんの前に口内除菌だけでもしてみてください。

Q8.どんな変化がありますか?

A8.口内の状態によって変化の出方はそれぞれですが、早い子で1日、時間がかかる子でも
   2週間〜3週間で変化が現れます。

よく聞く変化は、口臭が減った、ゴハンのお皿がヌルヌルしなくなった、耳のベタベタが減った、肌の色が白くなった、イビキをしなくなった、歯石がポロッと落ちたなど、様々です。どんな変化があるか、楽しみですね♪

口内ケアを嫌がる場合は、色々と試してみましょう

普段から顔や体のマッサージをしていると、その延長で口の中も自然と触らせてくれるようになることが多いです。しかし、口の中だけを極端に嫌がる子もいます。
一番の理由は「痛い&恐い」(=主に飼い主さんの磨く力が強すぎる)場合がほとんどですので、綿棒やガーゼで拭う際の力加減を弱くしてみてください。特に前歯の周辺は敏感な部分ですので「優しくソフトに」が基本です。
慣れるまでは、歯につきにくいオヤツを与えながらでもOKですので、焦らず徐々に馴らしていくことが重要です。口の中を触れないワンちゃんは、猫用口内ケアセットの商品ページを参考にしてください。

注意〜サプリメント・ケアグッズの紹介にはお約束の表記

上記の内容、事例は、あくまでも個人の体験談や感想文であり、商品の効果、効能を暗示、保証するものではありません。あくまでも個人の主観により解釈している部分があるという事をご理解頂き、ご参考頂けましたらと思います。
よって、これらの事例に応用されている自己管理手段を実行される場合は、利用者個人の責任において行ってください。
そのため、皆様が、当サイトの事例を応用したことにより直接的あるいは間接的に障害や損害が発生した場合は、当社はいかなる責任も負えないことをあらかじめご理解いただきたく、お願いいたします。
薬事法の関係上、このような記載をしなければならないという「大人の事情」がございますので、その辺を考慮の上、上記の解説を「読み解いて」頂きたいと思います。