須崎動物病院が提供するペット(犬・猫)用のサプリメントのネット販売専用ページです。皮膚病・カビ・口内ケア等の手助

HOME > 商品リスト > マウスリセット

マウスリセット

マウスリセット

形状:液体(30ml)
3,024円(税込)/1本

注文数

形状:液体(30ml)
8,164円(税込)/3本

注文数

形状:液体(30ml)
12,096円(税込)/5本

注文数

口臭、体臭、便臭、加齢臭に!

マウスリセットは、フィトンチッドエキスの中でも、食品添加物としての認可をとった純度の高い液体です。

人間のガムやキャンディーにも使える、安心して口内に入れられるエキスです。
まずは、飼い主さんが実体験して頂ければと思います。(味は「くん製」風味です)

ニンニク料理の直後や歯磨きにも使えます。

使用方法

お口の中に直接入れたり、食事や食べ物に滴下してお使い下さい。
早急に口臭対策をしたい場合は、歯と歯茎の間に入れてください。

さらに詳しく口内ケアについて知りたい場合はこちら

【犬用】口内ケア
【猫用】口内ケア

一日摂取目安量

小型犬・猫 1〜3滴  
中型犬 3〜6滴  
大型犬 5〜10滴  
※体調に応じて量の増減可能です。
※臭いが気になる場合は多めにご使用下さい。

主成分

・濃縮フィトンチッドエキス
(食品添加物グレード)
・日本製

保存期間

開封後高温多湿を避けて6ヶ月

備考

北海道・沖縄へお住まいの方へ
空輸にて運送されるため、気圧変化により液体商品の中身が多少漏れ出る場合がございます。
液体商品をお買い求めの際は、この点にご理解いただきますようお願いいたします。

ご利用者体験談

  • 歯石があったのですが、1年半マウスリセットをしつこくかけていたら、今日爪で押したらポロッととれました!
    大変嬉しかったので、これからも使い続けます。

    兵庫県 S様(ペット→犬)
  • 一週間ほどお口のお手入れを怠っていたら、歯垢は たまり歯茎も腫れ出血も。慌ててブラッシングをし
    マウスリセットとクマザサエキスでお手当をしたら、翌日には 出血もなくお口の中はすっきり。
    改めて両商品の威力を感じました。

    大阪府 I様(ペット→犬)

商品詳細

歯周病は、全身病の元?!

当院では、体調不良の子に具合の悪い場所のケアと同時に、「口内ケア」をおすすめしております。 理由は、歯周病菌が、体調不良の原因のひとつであることが疑われ、その可能性を否定することが出来ないからです。
これまで食事療法をおすすめすると、その6割は食事内容を見直すだけで改善してきました。しかし、残念ながら残りの4割は、あるところまできて改善が足踏みしたり、変化がなかったりということがありました。そこで、口内ケアを取り入れてみるると、 食事療法だけでは改善しきれなかった子に、有益な影響をもたらすケースが増えてきたのです。
最近、健康バラエティー番組などでも紹介されご存知かもしれませんが、「動脈硬化のプラークから歯周病菌が発見された!」という衝撃的な事実があります。「歯周病菌は、血液やリンパ液を介して全身に広がり、その結果、万病の元になる」ということが分かっております。口内状態を適切に維持することは、元気で長生きの秘訣なのです。
では、口内状態が適切か否かを飼い主さんがどのように知ることが出来るのでしょうか?

口臭は、「危ない!お知らせサイン」

歯周病などで、口内が不適切な状態である特徴の一つに「口臭」があります。ですから、「ウチの子お口が臭い…」は、このまま放置しては危ないよ!という「お知らせサイン」なのです。口臭に気が付いたのならば、ペットさんの健康のためにも、口臭予防対策を真剣に考えてみましょう。
しかし、ミントで口臭だけを減らしても《根本的な解決》にはなりません。では、口臭対策の根本的な解決とは、何なのでしょうか?

口内細菌対策=口臭対策

口臭の根本原因は「歯周病」です。歯周病の根本原因は、「口内細菌」です。この「口内細菌対策」をしてこそ、本当の意味での口臭対策になるのです。
かといって、口内細菌も減らすけれど、身体にもダメージを与えるような方法では、飼い主さんも不安だと思います。
そこで当院では、「身体に優しい、口内細菌対策」に濃縮植物エキスの『マウスリセット』をご使用いただき、安全で確実な口内細菌除菌方法をおすすめしております。

歯周病菌を安全に退治する

植物のエキスには、殺菌作用があることが知られています。身動きができない植物は、そのような物質を放出して身を守っているからです。その中でも有名なエキスにフィトンチッド・エキスがあります。

フィトンチッドとは?

フィトンチッドとは、「植物が、カビや微生物、昆虫といった外敵から身を守るために放出する130種類以上もの成分からなる気体成分」のことで、 Phyton(植物)と、 Cide(殺す)を一つにした造語です。1930年頃、当時のソ連、レニングラード大学のB.P.トーキン博士によって名付けられました。本品は、樹木・植物を低温圧縮して絞り出した植物性エキスを、特殊な方法で濾過を重ねながら不純物を取り除き、純水溶性に作り上げた濃縮植物エキスです。
では、このフィトンチッド・エキスは、どのぐらいの殺菌作用があるのでしょうか?

マウスリセットの殺菌作用

日本歯科救急医療研究会誌での報告によると、皮膚病などの症状を引き起こすカンジダなどを6時間以内に死滅させるというデーターが報告されました。(表1)また、「虫歯菌」として有名なストレプトコッカスミュータンスも、死滅させるというデータがあります。(表2)

マウスリセットの安全性

マウスリセットは、フィトンチッド・エキスの中でも、食品添加物としての認可をとった純度の高い液体で、人間のガムやキャンディーにも使える、安心して口内に入れられるエキスです。
味は、「くん製」風味です(口に入れた方は、この表現でみなさんご納得いただいております)。  人間の食品では、口臭・便臭・体臭・加齢臭対策用の機能性食品に添加されております。

マウスリセット Q&A

Q1.そのまま飲み込んで問題ないですか?

A1.問題ないと考えます。

ただし、生物である以上、100%はございませんから、万が一体質に合わない場合は、ご使用を中断なさってください。

Q2.うちの子は歯周病ですが、効果的な使い方はどのようなものでしょうか?

A2.原液のマウスリセットを数滴口内に滴下して撹拌し、理想は、綿棒などを
使って歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」にすり込めれば最高です。

口の中をさわらせてくれない子の場合は、スポイトやシリンジなどで口の中に注入できれば良いでしょう。それもできない場合は、飲み水に混ぜて飲ませてあげてください。当然のことながら、効果を実感できるまでは方法により期間は変わりますし、口内の状態でも変わってきます。問題が深刻な場合は、獣医師と相談の上、アドバイスに従ってください。

Q3.これを始めてからオナラが出るようになりましたが…。

A3.おめでとうございます。腸内環境が変化してきているというサインです。

落ち着くまで、しばらく見守ってあげてください。ただし、今まで「ドライフードを食べてきていて、水をあまり飲まず、便秘がちな子」の場合は、いきなり腸内環境が変わると、激しい反応が出ることがありますので、十分に水で薄めたものから始めてみて下さい。

Q4.体臭が気になるのですが、どのように使ったらいいでしょうか?

A4.食事や飲み水に混ぜて食べさせて下さい。

体臭が気になるということは、かなり排泄すべきものが体内に溜まっている可能性がありますので、マウスリセットを使うこともいいのですが、水分の多い食事(含水率60%以上)を食べさせて、薄い黄色のオシッコが出るようにすると、改善が早いでしょう。

5.ウンチのニオイが気になるのですが、どのように使ったらいいでしょうか?

A5.食事や飲み水に混ぜて食べさせて下さい。

ウンチのニオイが気になるということは、腸内環境に改善の余地がかなりある可能性が高いかもしれません。いきなり原液を大量に使いたくなると思いますが、少量からスタートして、長い目で見守ってあげて頂ければと思います。

Q6.かなりニオイが気になる子なので(口臭・便臭・体臭)、
一気に大量に使いたいのですが、大丈夫でしょうか?

A6.便通のいい子ならば、大量に使っても問題があったという報告はありません。

問題が出る可能性があるのは、現在便秘症の子です。便秘症の子は、水で薄めたマウスリセットを少量から摂取させて下さい。

Q7.私(飼い主)も使いたいのですが、大丈夫でしょうか?

A7.本製品は、人間の食品添加物の基準をクリアしております。

まずは、飼い主さんが実体験して頂ければと思います。実際、須崎も「餃子を食べたいけれど、ニンニク臭が…」という場合、食後にマウスリセットを口に含みます。おかげで、これまで餃子を食べたことに気付かれたことはありません。

注意〜サプリメント・ケアグッズの紹介にはお約束の表記

上記の内容、事例は、あくまでも個人の体験談や感想文であり、商品の効果、効能を暗示、保証するものではありません。あくまでも個人の主観により解釈している部分があるという事をご理解頂き、ご参考頂けましたらと思います。
よって、これらの事例に応用されている自己管理手段を実行される場合は、利用者個人の責任において行ってください。
そのため、皆様が、当サイトの事例を応用したことにより直接的あるいは間接的に障害や損害が発生した場合は、当社はいかなる責任も負えないことをあらかじめご理解いただきたく、お願いいたします。
薬事法の関係上、このような記載をしなければならないという「大人の事情」がございますので、その辺を考慮の上、上記の解説を「読み解いて」頂きたいと思います。