須崎動物病院が提供するペット(犬・猫)用のサプリメントのネット販売専用ページです。皮膚病・カビ・口内ケア等の手助

HOME > 商品リスト > 免疫介在性貧血・免疫介在性血小板減少症セミナー2017【DVD】

免疫介在性貧血・免疫介在性血小板減少症セミナー2017【DVD】

免疫介在性貧血・免疫介在性血小板減少症セミナー2017【DVD】

DVD
価格: 12,960円(税込)

注文数

あなたの愛犬愛猫が…

□免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血と診断された…
□一生薬漬け?それでも酷くなったら輸血しかない!?
□原因がわからないまま治療を続けて良いのでしょうか?

このセミナーでは一般的な考えにとらわれず原因療法的に「免疫介在性血小板減少症 & 免疫介在性溶血性貧血」をどう考えるのかをお伝えします

仕様

DVD1枚
収録時間:81分

DVD詳細

原因療法的に「免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血」をどう考えるのか?

あなたの愛犬・愛猫が

免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血と診断された…
一生薬漬けそれでも酷くなったら輸血しかない!?
原因がわからないまま治療を続けて良いのでしょうか?

このセミナーは…
免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血と宣告されても、

一生薬漬け?で本当にいいのだろうか?と感じている
完治は困難と言われているが諦めたくない
飼い主のできることを知りたい

などと考える飼い主さんの為に原因療法の視点から、現実的なアドバイスをしたいと企画・開催されたセミナーです。

大切な家族だから、少しでも長生きして欲しい
免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧になっても、健康寿命を全うさせてあげたい

という方に、原因療法の観点から新しい選択肢をご提案します。
同じような症状の子を原因療法で数多く診てきた須崎だからこそ、できるお話だと思っております。

症状とは…

白血球が身体を正常化するときに出てくる、不快だが必要な反応ですから、基本的に症状を消すことが第一優先ではなく、
原因を取り除くことが最優先課題です(生死に関わる症状は対処した方がいい場合もあります)。

免疫力が異常なの?

免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血では、「免疫力が過剰応答し過ぎる状態」と解釈されがちですが、

原因療法的によくよく調べてみると、
体内に「異物(カビや菌)」が多すぎて、常時激しく闘わざるを得なくなり、
その結果「免疫介在性血小板減少症 OR 免疫介在性溶血性貧血」と診断されるよう
な状態が起こっている…ということもあります。

須崎動物病院では、その原因が何で、どこにあって、何を使ったら排除できるか?を探ってきたわけですが、
そうすると、

もう治らないといわれた下痢が止まった
薬を使わなくとも止まった…

などの成果が出てきます。

原因不明のまま諦めないで!

症状(結果)があるということは、必ず原因があります。

「免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血の原因はこれです!」
とか、
「免疫介在性血小板減少症 or 免疫介在性溶血性貧血の治し方はこれです!」

という考え方をしていたら、
症状を消して一時的にホッとすることは出来るかもしれませんが、
原因を取り除いて、自然と症状が落ち着く…といった、個々のケースに合ったベストな対処は難しいと考えております。

そんな根本原因を探り
それを排除する診療を毎日やっているのが須崎動物病院です

あなたができること

あなたが愛犬愛猫のために考えてあげられることは、
薬だけに頼るのではなく、強い薬に変えることでもなく、打つ手がないと悲嘆にくれることでもなく、

原因をつきとめ、取り除く方法がある」というのを知ることです。

知らなければ、選択できません

このセミナーでお伝えするのは

須崎動物病院の原因療法とは?
免疫介在性血小板減少症とは?
免疫介在性溶血性貧血とは?
改善例

です。


さらにネット上のうわさや実際のお悩みにもお答えしました。
何もできない、手詰まり、と諦めてしまわず、我が子のために、まだまだたくさんしてあげられることがあることを、この教材で知ってください。

あなたの知っていた世界から180度違った解決法が見えてくるはずです。

目次 [ 免疫介在性血小板減少症・免疫介在性溶血性貧血編 ] 

1  はじめに
2  Q&A そもそも、症状とは?
3  免疫介在性溶血性貧血
4  免疫介在性溶血性貧血とは?
5  免疫介在性血小板減少症
6  免疫介在性血小板減少症とは?
7  改善例
8  Q&A 参加者からのご質問!
9  Q01. 免疫介在性血小板減少症の初期症状
10  Q02. 血小板減少症という病気の知識がない
11  Q03. 薬に頼っても再発を繰り返す
12  Q04. この病気を持ちながら生きることは難しいのか
13  Q05. この月齢での免疫介在性血小板減少症はない
14  Q06. ワクチン接種との関係性
15  Q07. 一生薬漬け?
16  Q08. 再発を繰り返してしまう
17  Q09. 高額な治療費をかけても完治しない

<備考>
本教材は、2017年11月東京(八王子)で開催いたしました『愛犬・愛猫の免疫介在性血小板減少症・免疫介在性溶血性貧血の原因を探るセミナー2017』をDVD化したものです。

現在ペットアカデミー受講生の方は、「受講生特別価格」でお買い求めいただけます。
受講生の方の販売ページはここからログインしてご入室ください(専用のID&パスワードあり)

※受講生用のIDとパスワードはPA通信でお知らせしております。わからない方は事務局までお問い合わせください。